testframe300x300.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホにとって、パラダイスの地であったドレンツ地方。ここで過ごした時間はその後の画家としての成長に大きな影響を与えました。農民の生活を描いていこうと決意したのはこの頃でした。ドレンツ美術館の常設作品のひとつである「泥炭舟」の絵では、泥炭湿原での厳しい労働の様子が見て取れます。大都市へ輸送するため、切り出した泥炭を荷船まで運んで積み込むという日々の作業を描写することで、農民たちの過酷な生活を表現しています。ドレンツ美術館には、ファン・ゴッホ以外にも、のどかな風景が残るオランダ最後の地、ドレンツ地方に魅せられた現代美術アーティストたちによる絵画が展示されています。 近日開催予定: ファン・ゴッホによるドレンツ時代の絵画やデッサンにスポットを当てた大規模な展示を近日開催予定です。
testframe300x300.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホは、異なる光を求めて、1888年にアルルに定住しました。アルルの時代は、『ひまわり』、『黄色い家』、『アルルの寝室』などの作品があり、その人生で最も生産的な時期でした。 ファン・ゴッホの家は、第二次世界大戦で破壊されました。彼が訪れた近くにあった他の多くの場所も同様でした。2014年にオープンした名誉あるフィンセント・ファン・ゴッホ美術館には、ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)やクレラー・ミュラー博物館(Kröller-Müller Museum)のコレクションに加え、現代美術家の無数の作品が収蔵されています。貸出用の絵は、一時的な展覧のために用意されています。
testframe300x300.jpg
北ブラバント博物館は、オランダ南部の唯一の美術館で、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年-1890年)のオリジナル作品を展示しています。 その作品がブラバントでのこの画家の出生と農村生活に対するゴッホの大きな魅力について話しています。ゴッホには、これこそ本当の人生でした。壁画はファン・ゴッホのブラバントとフランス時代からの作品の印象が投影されています。
testframe300x300.jpg
クレラ‐・ミューラー美術館は、1908年-1929年にヘレン・クレラ‐・ミューラーによって編集された、約90点の絵画と180点以上の描画があり、世界で2番目に大きなゴッホのコレクションを誇っています。 ゴッホ・ギャラリーには、フィンセント・ファン・ゴッホの作品約40点が展示されています。 さらに、クラウド・モネ、ジョルジュ・シーラート、パブロ・ピカソ、ピエット・モンドリアンなど、現代巨匠の傑作もあります。 ヨーロッパ最大の彫刻庭園では、有力画家による160作以上の彫刻を楽しむことができます。
MuséeEstrineSaint-Rémy-crop.jpg
エストリン美術館は、現代美術博物館であり、20世紀以降、多くの画家へのファン・ゴッホの影響を示しています。 ファン・ゴッホの通訳センターは、常設展や暫定展示の中間地点に位置しており、フィンセント・ファン・ゴッホの世界と、画家や作家、学者、芸術や文学の恋人としてのそのキャリアを紹介しています。
testframe300x300.jpg
アムステルダムのゴッホ美術館(Van Gogh Museum)には、世界最大のフィンセント・ファン・ゴッホの絵画、描画、手紙のコレクションがあります。 永久コレクションは、テーマ別、時系列的にデザインされ、ファン・ゴッホの傑作に加えて、同時代の画家やその友人らの作品が展示されています。
testframe300x300.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホハウスは、この芸術家の誕生した地に建てられています。ファン・ゴッホの若き日々と、将来の画家の生活に及ぼした影響で、この文化センターは活気づいています。 恒例のプレゼンテーション「フィンセント・ファン・ゴッホ – 巨匠のルーツ」に加えて、20世紀と21世紀の芸術家らへの彼の影響が仮の展覧会で描かれています。
トップに戻ります