testframe300x300.jpg
パリの北30kmに位置する画家の村、オーヴェール・シュール・オワーズ(Auvers-sur-Oise)は、フィンセント・ファン・ゴッホが生涯の最後の70日間を過ごした場所として有名です。 彼はこの短期間に約80点の作品を描きました。そのうちのいくつかはその作品でも最も有名な、『カラスのいる麦畑』、『医師ガシェの肖像画』、『オーヴェルの教会』があります。ファン・ゴッホが暮らして、1890年6月29日に、自らの胸を撃って二日後に亡くなった、オーヴェルジュ・ラヴォー(Auberge Ravoux)の寝室があり、訪れることができます。
RVGE_Centraal_Museum_Utrecht.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホは、友人や親戚に会うため頻繁にユトレヒトを訪 ねていました。中でもよく顔を合わせていたのがユトレヒトにアトリエを構えて いた芸術家アントン・ファン・ラッパルトでした。1877年に弟テオあてに書い た手紙の中でファン・ゴッホは次のように書いています。「ユトレヒトにはドム 教会の他にも古い教会や、(ロンドンの)ウェストミンスター寺院にすごくよく 似ている大学の建物がある。」そしてファン・ラッパルトあての手紙の中でも「ユ トレヒトにはもちろん素敵な中庭や小道もある。」と取り上げている。当時の彼 は、その後ファン・ラッパルトや自分の作品がユトレヒトの美術館、このセント ラル・ミュージアムに収蔵されることになろうとは夢にも思わなかったことで しょう。オランダの最も古い市立美術館である当館は美しい中庭を取り囲むよう に建てられていて、絵画・彫刻などの美術作品からユトレヒトの歴史的資料、デ ザイン、ファッションを含む豊富なコレクションを観覧できます。幅広い作品を 含むバールン・コレクションには《下草》、《石の器に入った梨の静物》などの フィンセント・ファン・ゴッホの絵画や版画もあり、館内で定期的に展示されて います。これらの作品は2023年後半にオープンする新収蔵品展でもご覧いただ ...
testframe300x300.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホにとって、パラダイスの地であったドレンツ地方。ここで過ごした時間はその後の画家としての成長に大きな影響を与えました。農民の生活を描いていこうと決意したのはこの頃でした。ドレンツ美術館の常設作品のひとつである「泥炭舟」の絵では、泥炭湿原での厳しい労働の様子が見て取れます。大都市へ輸送するため、切り出した泥炭を荷船まで運んで積み込むという日々の作業を描写することで、農民たちの過酷な生活を表現しています。ドレンツ美術館には、ファン・ゴッホ以外にも、のどかな風景が残るオランダ最後の地、ドレンツ地方に魅せられた現代美術アーティストたちによる絵画が展示されています。
testframe300x300.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホは、異なる光を求めて、1888年にアルルに定住しました。アルルの時代は、『ひまわり』、『黄色い家』、『アルルの寝室』などの作品があり、その人生で最も生産的な時期でした。 ファン・ゴッホの家は、第二次世界大戦で破壊されました。彼が訪れた近くにあった他の多くの場所も同様でした。2014年にオープンした名誉あるフィンセント・ファン・ゴッホ美術館には、ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)やクレラー・ミュラー博物館(Kröller-Müller Museum)のコレクションに加え、現代美術家の無数の作品が収蔵されています。貸出用の絵は、一時的な展覧のために用意されています。
orig_van_gogh_house_uk_600pix.jpg
In 1873-1874, a 20-year-old Vincent van Gogh lived at 87 Hackford Road in Stockwell, London. ...
testframe300x300.jpg
北ブラバント博物館は、オランダ南部の唯一の美術館で、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年-1890年)のオリジナル作品を展示しています。 その作品がブラバントでのこの画家の出生と農村生活に対するゴッホの大きな魅力について話しています。ゴッホには、これこそ本当の人生でした。壁画はファン・ゴッホのブラバントとフランス時代からの作品の印象が投影されています。
testframe300x300.jpg
クレラ‐・ミューラー美術館は、1908年-1929年にヘレン・クレラ‐・ミューラーによって編集された、約90点の絵画と180点以上の描画があり、世界で2番目に大きなゴッホのコレクションを誇っています。 ゴッホ・ギャラリーには、フィンセント・ファン・ゴッホの作品約40点が展示されています。 さらに、クラウド・モネ、ジョルジュ・シーラート、パブロ・ピカソ、ピエット・モンドリアンなど、現代巨匠の傑作もあります。 ヨーロッパ最大の彫刻庭園では、有力画家による160作以上の彫刻を楽しむことができます。
testframe300x300.jpg
ファン・ゴッホがボリネージ(1878年12月〜1880年10月)に滞在し始めた当時の家は、モンスの西側のコルフォンテイン(以前はウスメス)にあります。 ゴッホの愛好家は、ボリネージにおける画家の人生についてのプレゼンテーションをここで見ることができます。
RVGE_Musee-d-Orsay.jpg
フランスの国立美術館であるオルセー美術館は、1900年のパリ万国博覧会開催に伴い設置されたオルセー駅を改修して建築された。つまり、1848年から1914年までの芸術を展示するオルセー美術館の建造物自体がそもそも「美術品」とみなすことができる。オルセー美術館のコレクションからは、この時期に非常に多様な芸術作品が西洋で制作されたことがわかる。その豊かな印象主義絵画のコレクションは世界中に知られており、フィンセント・ファン・ゴッホの傑作、そしてさらにその後の流れをくむ数多くの芸術家たちの彫刻、工芸品、版画、建築、写真、映画も収蔵している。 Photo: Sophie Crépy.
rvge_alpilles-museum_france.jpg
アルピーユ美術館に足を踏み入れれ ば、時代を遡り19世紀末のサン=レミを体験することができる。フィンセント· ファン·ゴッホがこの小さなプロヴァンス 地方の市場の街に滞在していた時代 である。彼が強い印象を受けたこの土 地の当時の人々に出会ってみよう。フ ァン·ゴッホの作品には、麦畑やオリー ブの木々の間にしばしば人物が描き こまれている。
MuséeEstrineSaint-Rémy-crop.jpg
エストリン美術館は、現代美術博物館であり、20世紀以降、多くの画家へのファン・ゴッホの影響を示しています。 ファン・ゴッホの通訳センターは、常設展や暫定展示の中間地点に位置しており、フィンセント・ファン・ゴッホの世界と、画家や作家、学者、芸術や文学の恋人としてのそのキャリアを紹介しています。
testframe300x300.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホは、1889年5月から1890年5月までサン・レミ・ド・プロヴァンスにあるサン・ポール・ド・モーゾ‐修道院病院で精神科治療を受けました。彼は自分のアトリエを与えられ、病院のスタッフに賞賛され、唯一建物の外に出ることが許可された患者でした。ファン・ゴッホは、『アイリス』、『刈り入れする人のいる麦畑』、『星降る夜』、『オリーブの林』の数々の絵画など、施設内や周辺で約100点の絵画と150点の描画を制作しました。この歴史的な場所を取り囲む地域、特に修道院とローマ教会は、画家の在りし日と変わりません。ゴッホの部屋は再建され、訪問することができます。
RVGE_VanGoghRoots_600x600.jpg
ヴァウター・ファン・デル・フェーン博士(ファン・ゴッホ研究所、学術部門所長)は、2020年にオーヴェール=シュル=オワーズでファン・ゴッホが描いた木の根を発見しました。まさにこの場所で、およそ130年前に自ら命を絶つ数時間前にフィンセント・ファン・ゴッホはこの最期の名作《木の根》を制作したのです。絵の中には斜面に生える木の幹や根が描かれています。プライベートガイドツアーでは、この美しい村でファン・ゴッホが生涯最後の日をどのように過ごしたのか、この作品は何を意味しているのか、そしてカンヴァスのどの部分に彼の筆が最後に触れられたのか、といったありとあらゆることが語られます。
testframe300x300.jpg
1875年から1882年の間、ファン・ゴッホの家族はエッテンの牧場にありました。フィンセント・ファン・ゴッホは、この期間、数日間は定期的に家族を訪れました。 1881年、彼は教会の後部にある長老の家であり両親の家に戻りました。 旧オランダ改革派教会のファン・ゴッホ教会には、ファン・ゴッホのアニメーションのタイムラインがあり、ファン・ゴッホの最初の描画スタジオが見られる、古い牧師のモデルもあります。
testframe300x300.jpg
1883年の秋、ファン・ゴッホは北ドレンテ州で3ヶ月を過ごしました。その風景はこの芸術家に尽きることのない印象を与え、この時期にいくつか絵やスケッチを描いています。ファン・ゴッホが滞在した部屋は、ニューアムステルダム/フィノーワルドのファン・ゴッホ・ハウスを訪れるとご覧いただけます。 訪問されると、上映映画で1883年に誘います。訪問者は、当時の南東ドレンテをこの芸術家の目を通して垣間見ることができます。近くのピートムール公園を訪れると、泥炭湿原、そこに住んでいた人々、その暮らし、つまりファン・ゴッホを動かしていたものを見つけることができます。
testframe300x300.jpg
ラ・メゾン・ドゥ・マライス(La Maison du Marais)は、1879年から1880年にかけてフィンセント・ファン・ゴッホが短期間住んでいた家に与えられた名前です。ボリネージのベルギー鉱業地区にあったこの家には、音声視覚プレゼンテーションと絵画レ・ベシュールのファクシミリがあります (The Diggers)、BAMのコレクション、モンスの美術館。
testframe300x300.jpg
アムステルダムのゴッホ美術館(Van Gogh Museum)には、世界最大のフィンセント・ファン・ゴッホの絵画、描画、手紙のコレクションがあります。 永久コレクションは、テーマ別、時系列的にデザインされ、ファン・ゴッホの傑作に加えて、同時代の画家やその友人らの作品が展示されています。
testframe300x300.jpg
There is a unique cycle path in Eindhoven, just outside Nuenen which was inspired by ...
testframe300x300.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホハウスは、この芸術家の誕生した地に建てられています。ファン・ゴッホの若き日々と、将来の画家の生活に及ぼした影響で、この文化センターは活気づいています。 恒例のプレゼンテーション「フィンセント・ファン・ゴッホ – 巨匠のルーツ」に加えて、20世紀と21世紀の芸術家らへの彼の影響が仮の展覧会で描かれています。
testframe300x300.jpg
フィンセント・ファン・ゴッホは、ヌエネンで2年間(1883年12月から1885年11月まで)暮らしました。この画家はヌエネンで全作品の4分の1を制作しました。彼はたいてい織人や畑の農民の描画や油絵を描きましたが、定期的に出掛けてはその周辺を捉えていました。彼の最初の傑作『ジャガイモを食べる人々』はここで制作されました。ヌエネンは、ゴッホの仕事と滞在に直接つながる23の建物と田園地帯の屋外博物館として見ることができます。人としてのファン・ゴッホを学ぶなら、フィンセンターの画家としての彼の発達に従うことができます。現代の音声視覚技術で、あなたもブラバントの最も有名な画家の時代に戻ったと思うことでしょう。
testframe300x300.jpg
パリの北30kmに位置する画家の村、オーヴェール・シュール・オワーズ(Auvers-sur-Oise)は、フィンセント・ファン・ゴッホが生涯の最後の70日間を過ごした場所として有名です。 彼はこの短期間に約80点の作品を描きました。そのうちのいくつかはその作品でも最も有名な、『カラスのいる麦畑』、『医師ガシェの肖像画』、『オーヴェルの教会』があります。ファン・ゴッホは、1890年7月29日にオーヴェール・シュール・オワーズで亡くなりました。彼は市立墓地にある弟テオの隣に埋葬されています。 墓地と村のどちらも、その絵画を再現した屋外博物館(観光局の無料地図を入手可)は、芸術愛好家にとって巡礼地になっています。
トップに戻ります