London-vierkant.jpg
ロンドンのハックフォード・ロードでファン・ゴッホは幸せな日々を過ごします。下宿先の娘に抱いた恋心が報われず、この幸せが悲しみに姿を変えるまでは。2019年3月にオープンとなるこの家は、近くにあるサン・メイ・ギャラリーと提携し、若手アーティストたちに住居と展示スペースを提供します。現在、芸術と教育の分野で英国と中国をつなぐベンチャープロジェクトが広がりを見せており、その「顔」の役割を果たしているのがサン・メイ・ギャラリーです。展覧会やワークショップを開催できる場所やアトリエのためのスペースを提供し、様々なコミュニティにコラボレーションを呼び掛けることで、芸術的な活動の発展に貢献したいと考えています。皆様からのご提案や新しいアイデアをお待ちしています。ギャラリーとハックフォード・ロードの家にお越しになるには、事前予約が必要です。 詳細についてはサン・メイ・ギャラリー(San Mei Gallery)のホームページをご覧ください。
testframe300x300.jpg
There is a unique cycle path in Eindhoven, just outside Nuenen which was inspired by ...
testframe300x300.jpg
パリの北30kmに位置する画家の村、オーヴェール・シュール・オワーズ(Auvers-sur-Oise)は、フィンセント・ファン・ゴッホが生涯の最後の70日間を過ごした場所として有名です。 彼はこの短期間に約80点の作品を描きました。そのうちのいくつかはその作品でも最も有名な、『カラスのいる麦畑』、『医師ガシェの肖像画』、『オーヴェルの教会』があります。ファン・ゴッホは、1890年7月29日にオーヴェール・シュール・オワーズで亡くなりました。彼は市立墓地にある弟テオの隣に埋葬されています。 墓地と村のどちらも、その絵画を再現した屋外博物館(観光局の無料地図を入手可)は、芸術愛好家にとって巡礼地になっています。
トップに戻ります