フィンセンター | ファン・ゴッホ村、ヌエネン
testframe515x390.jpg
 
 

フィンセント・ファン・ゴッホは、ヌエネンで2年間(1883年12月から1885年11月まで)暮らしました。この画家はヌエネンで全作品の4分の1を制作しました。彼はたいてい織人や畑の農民の描画や油絵を描きましたが、定期的に出掛けてはその周辺を捉えていました。彼の最初の傑作『ジャガイモを食べる人々』はここで制作されました。ヌエネンは、ゴッホの仕事と滞在に直接つながる23の建物と田園地帯の屋外博物館として見ることができます。人としてのファン・ゴッホを学ぶなら、フィンセンターの画家としての彼の発達に従うことができます。現代の音声視覚技術で、あなたもブラバントの最も有名な画家の時代に戻ったと思うことでしょう。

 
 
サイトまたはウェブホストに直接ログインのご予約ができます
 

他の訪問者の方々はこちらもご覧になりました。

フィンセントのアートルーム、ティルブルグ

ヶ所の遺産の名所, オランダ

1866年、13歳のフィンセント・ファン・ゴッホは、ツンデルトから引っ越して、ブラバントの最初の国営高校であるウィレム2世学校に通いました。フィンセントのアトリエは、現在、これらの建物内に収容されています。 フィンセントのアトリエでは、歴史...

ファン・ゴッホ美術館、アムステルダム

つの博物館, オランダ

アムステルダムのゴッホ美術館(Van Gogh Museum)には、世界最大のフィンセント・ファン・ゴッホの絵画、描画、手紙のコレクションがあります。 永久コレクションは、テーマ別、時系列的にデザインされ、ファン・ゴッホの傑作に加えて、同時...
アドレスの詳細につきましては、地図をクリックしてください。
'What I think about my own work is that the painting of the peasants eating potatoes that I did in Nuenen is after all the best thing I did'
Vincent van Gogh
 
トップに戻ります