オーベルジュ・ラヴォー、オーヴェル・シュール・オワーズ
testframe515x390.jpg
 
 

パリの北30kmに位置する画家の村、オーヴェール・シュール・オワーズ(Auvers-sur-Oise)は、フィンセント・ファン・ゴッホが生涯の最後の70日間を過ごした場所として有名です。 彼はこの短期間に約80点の作品を描きました。そのうちのいくつかはその作品でも最も有名な、『カラスのいる麦畑』、『医師ガシェの肖像画』、『オーヴェルの教会』があります。ファン・ゴッホが暮らして、1890年6月29日に、自らの胸を撃って二日後に亡くなった、オーヴェルジュ・ラヴォー(Auberge Ravoux)の寝室があり、訪れることができます。

 
 
サイトまたはウェブホストに直接ログインのご予約ができます
 

他の訪問者の方々はこちらもご覧になりました。

testframe300x300.jpg

フィンセント と テオの墓、オーヴェルス・シュール・オワーズ

その他の訪問, フランス

パリの北30kmに位置する画家の村、オーヴェール・シュール・オワーズ(Auvers-sur-Oise)は、フィンセント・ファン・ゴッホが生涯の最後の70日間を過ごした場所として有名です。 彼はこの短期間に約80点の作品を描きました。そのうち...
testframe300x300.jpg

オーベルジュ・ラヴォー、オーヴェル・シュール・オワーズ

ヶ所の遺産の名所, フランス

パリの北30kmに位置する画家の村、オーヴェール・シュール・オワーズ(Auvers-sur-Oise)は、フィンセント・ファン・ゴッホが生涯の最後の70日間を過ごした場所として有名です。 彼はこの短期間に約80点の作品を描きました。そのうち...
アドレスの詳細につきましては、地図をクリックしてください。
'Auvers is decidedly very beautiful. So much so that I think it’ll be more advantageous to work than not to work'
Vincent van Gogh
 
トップに戻ります