結婚式フィンセント・ファン・ゴッホ、アルル
testframe515x390.jpg
 
 

フィンセント・ファン・ゴッホは、異なる光を求めて、1888年にアルルに定住しました。アルルの時代は、『ひまわり』、『黄色い家』、『アルルの寝室』などの作品があり、その人生で最も生産的な時期でした。 ファン・ゴッホの家は、第二次世界大戦で破壊されました。彼が訪れた近くにあった他の多くの場所も同様でした。2014年にオープンした名誉あるフィンセント・ファン・ゴッホ美術館には、ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)やクレラー・ミュラー博物館(Kröller-Müller Museum)のコレクションに加え、現代美術家の無数の作品が収蔵されています。貸出用の絵は、一時的な展覧のために用意されています。

 
 
サイトまたはウェブホストに直接ログインのご予約ができます
 

他の訪問者の方々はこちらもご覧になりました。

サン・ポール・ド・モーゾール修道院病院、サン・レミ・ド・プロヴァンス

ヶ所の遺産の名所, フランス

フィンセント・ファン・ゴッホは、1889年5月から1890年5月までサン・レミ・ド・プロヴァンスにあるサン・ポール・ド・モーゾ‐修道院病院で精神科治療を受けました。彼は自分のアトリエを与えられ、病院のスタッフに賞賛され、唯一建物の外に出るこ...

エストリン美術館、サン・レミ・ド・プロヴァンス

つの博物館, フランス

エストリン美術館は、現代美術博物館であり、20世紀以降、多くの画家へのファン・ゴッホの影響を示しています。 ファン・ゴッホの通訳センターは、常設展や暫定展示の中間地点に位置しており、フィンセント・ファン・ゴッホの世界と、画家や作家、学者、芸...
アドレスの詳細につきましては、地図をクリックしてください。
'Then, as you well know, I love Arles so much, [...]'
Vincent van Gogh
 
トップに戻ります