ファン・ゴッホがボリネージ(1878年12月〜1880年10月)に滞在し始めた当時の家は、モンスの西側のコルフォンテイン(以前はウスメス)にあります。 ゴッホの愛好家は、ボリネージにおける画家の人生についてのプレゼンテーションをここで見ることができます。
ラ・メゾン・ドゥ・マライス(La Maison du Marais)は、1879年から1880年にかけてフィンセント・ファン・ゴッホが短期間住んでいた家に与えられた名前です。ボリネージのベルギー鉱業地区にあったこの家には、音声視覚プレゼンテーションと絵画レ・ベシュールのファクシミリがあります (The Diggers)、BAMのコレクション、モンスの美術館。
トップに戻ります