この絵のように美しい散歩は、訪問者にモンマルトルの知られていない側面を見せてくれます。サン・ジョルジュ辺りからモンマルトルの上の風車に至るまで、観光客は都市と田舎を快適に組み合わせたスポーツを見つけることでしょう。
There is a unique cycle path in Eindhoven, just outside Nuenen which was inspired by ...
パリの北30kmに位置する画家の村、オーヴェール・シュール・オワーズ(Auvers-sur-Oise)は、フィンセント・ファン・ゴッホが生涯の最後の70日間を過ごした場所として有名です。 彼はこの短期間に約80点の作品を描きました。そのうちのいくつかはその作品でも最も有名な、『カラスのいる麦畑』、『医師ガシェの肖像画』、『オーヴェルの教会』があります。ファン・ゴッホは、1890年7月29日にオーヴェール・シュール・オワーズで亡くなりました。彼は市立墓地にある弟テオの隣に埋葬されています。 墓地と村のどちらも、その絵画を再現した屋外博物館(観光局の無料地図を入手可)は、芸術愛好家にとって巡礼地になっています。
トップに戻ります