パリの北30kmに位置する画家の村、オーヴェール・シュール・オワーズ(Auvers-sur-Oise)は、フィンセント・ファン・ゴッホが生涯の最後の70日間を過ごした場所として有名です。 彼はこの短期間に約80点の作品を描きました。そのうちのいくつかはその作品でも最も有名な、『カラスのいる麦畑』、『医師ガシェの肖像画』、『オーヴェルの教会』があります。ファン・ゴッホが暮らして、1890年6月29日に、自らの胸を撃って二日後に亡くなった、オーヴェルジュ・ラヴォー(Auberge Ravoux)の寝室があり、訪れることができます。
ファン・ゴッホがボリネージ(1878年12月〜1880年10月)に滞在し始めた当時の家は、モンスの西側のコルフォンテイン(以前はウスメス)にあります。 ゴッホの愛好家は、ボリネージにおける画家の人生についてのプレゼンテーションをここで見ることができます。
フィンセント・ファン・ゴッホは、1889年5月から1890年5月までサン・レミ・ド・プロヴァンスにあるサン・ポール・ド・モーゾ‐修道院病院で精神科治療を受けました。彼は自分のアトリエを与えられ、病院のスタッフに賞賛され、唯一建物の外に出ることが許可された患者でした。ファン・ゴッホは、『アイリス』、『刈り入れする人のいる麦畑』、『星降る夜』、『オリーブの林』の数々の絵画など、施設内や周辺で約100点の絵画と150点の描画を制作しました。この歴史的な場所を取り囲む地域、特に修道院とローマ教会は、画家の在りし日と変わりません。ゴッホの部屋は再建され、訪問することができます。
1875年から1882年の間、ファン・ゴッホの家族はエッテンの牧場にありました。フィンセント・ファン・ゴッホは、この期間、数日間は定期的に家族を訪れました。 1881年、彼は教会の後部にある長老の家であり両親の家に戻りました。 旧オランダ改革派教会のファン・ゴッホ教会には、ファン・ゴッホのアニメーションのタイムラインがあり、ファン・ゴッホの最初の描画スタジオが見られる、古い牧師のモデルもあります。
1883年の秋、ファン・ゴッホは北ドレンテ州で3ヶ月を過ごしました。その風景はこの芸術家に尽きることのない印象を与え、この時期にいくつか絵やスケッチを描いています。ファン・ゴッホが滞在した部屋は、ニューアムステルダム/フィノーワルドのファン・ゴッホ・ハウスを訪れるとご覧いただけます。 訪問されると、上映映画で1883年に誘います。訪問者は、当時の南東ドレンテをこの芸術家の目を通して垣間見ることができます。近くのピートムール公園を訪れると、泥炭湿原、そこに住んでいた人々、その暮らし、つまりファン・ゴッホを動かしていたものを見つけることができます。
ラ・メゾン・ドゥ・マライス(La Maison du Marais)は、1879年から1880年にかけてフィンセント・ファン・ゴッホが短期間住んでいた家に与えられた名前です。ボリネージのベルギー鉱業地区にあったこの家には、音声視覚プレゼンテーションと絵画レ・ベシュールのファクシミリがあります (The Diggers)、BAMのコレクション、モンスの美術館。
フィンセント・ファン・ゴッホは、ヌエネンで2年間(1883年12月から1885年11月まで)暮らしました。この画家はヌエネンで全作品の4分の1を制作しました。彼はたいてい織人や畑の農民の描画や油絵を描きましたが、定期的に出掛けてはその周辺を捉えていました。彼の最初の傑作『ジャガイモを食べる人々』はここで制作されました。ヌエネンは、ゴッホの仕事と滞在に直接つながる23の建物と田園地帯の屋外博物館として見ることができます。人としてのファン・ゴッホを学ぶなら、フィンセンターの画家としての彼の発達に従うことができます。現代の音声視覚技術で、あなたもブラバントの最も有名な画家の時代に戻ったと思うことでしょう。
1866年、13歳のフィンセント・ファン・ゴッホは、ツンデルトから引っ越して、ブラバントの最初の国営高校であるウィレム2世学校に通いました。フィンセントのアトリエは、現在、これらの建物内に収容されています。 フィンセントのアトリエでは、歴史と最新技術が融合しています。 訪問者は、この再建されたアートルームで自分の芸術的な才能を発見することができます。
トップに戻ります